エンターテインメント

【ネタバレ注意】ドラマ監察医朝顔を原作と比較!あらすじや結末を漫画版と比較してみた!

投稿日:

こんにちは、たくらくじゃ!

今回はドラマ化で話題の監察医朝顔を原作と比較してみたんじゃ。

具体的にはあらすじや結末を漫画版と比較したんでどうなるんじゃるおうなぁ・・・

それではみていくなぁ。

ドラマ監察医朝顔を原作と比較!あらすじや結末を漫画版と比較してみた!

監察医朝顔のドラマ版と漫画版のあらすじを比較

ドラマ版監察医朝顔のあらすじは

  • 主人公の万木朝顔(まき・あさがお)は神奈川県の興雲(こううん)大学法医学教室に勤める新米法医学者
  • 医師免許を持つ
  • 周囲から一目置かれるほどの優秀な力量と豊富な知識をもつ法医学者
  • 人格は実直で愛情深い心優しい女性
  • 母を東日本大震災で失い遺体すら見つかっていないという悲しみを抱えてる
  • その過去ゆえに法医学者として12番目の死因つまり死因不詳にはさせないという信念がある
  • 誰よりも懸命に、そして真摯に遺体に向き合う
  • その結果発見した「生きた証」が時に犯罪を看破し遺族を癒し、なにより遺体が最後に伝えたかった想いが朝顔に語り掛ける
  • 父と2人暮らし
  • 父「万木平(まき・たいら)」はずっと捜査畑を歩んできたベテラン刑事
  • 父の性格は朝顔に輪をかけて堅物
  • 父は「生きた証」を見つけてあげたいという気持ちが朝顔と同じくらい強く一%でも可能性があればあきらめない
  • 父はある日、思いがけず朝顔の勤める興南大学法医学教室教室が管轄に転勤する
  • それから朝顔に父としてのみならず仕事相手して寄り添う事になる。

漫画版監察医朝顔のあらすじは

検死とは、一般病死以外の異状死体を検査し、病気、事故、あるいは殺人によるものかの死因を明らかにする重要な作業であり、その際、死体と向き合う法医学者のことを監察医という。しかし、日本における「監察医制度」の普及は東京23区、横浜市、名古屋市、大阪市、神戸市の5都市で、それ以外の市町村では、警察医や警察から依頼を受けた一般の医師により検死が行われているのが現状である……誰もが迎える死の瞬間(とき)。突然死、孤独死、保険金殺人など、その最期のメッセージに込められた真実に、女性監察医・山田朝顔が挑む!! “死”の真実を探るために……感動の法医学ミステリー!!

スポンサーリンク

でドラマ版と漫画版の違いは

  • 主人公の苗字がドラマ版は万木(まき)だが漫画版は山田
  • ドラマでは新米法医学者だが漫画版ではベテラン法医学者
  • 父の名前がドラマ版は平(たいら)だが漫画版では万平
  • 母が亡くなった場所がドラマ版では東日本大震災だが漫画版は阪神大震災
  • 母がドラマ版では見つかってないが漫画版では見つかっていて病院で亡くなっている

漫画版とドラマ版の大きな違いは母が見つかったのかどうかで、テレビ版では、そこが起点で設定されているみたいです。

さい

監察医朝顔のドラマ版と漫画版の結末を比較

漫画版の結末は父が退院するのを切っ掛けに何気のない日常に感謝して、これまで関わった生きてる人は死んだ人などが走馬灯のように思い出されて芋煮会に行くのかと思いきや警察署から呼び出しが掛かって、いつもの仕事に戻るという話じゃ。

ドラマ版の結末は流石にドラマが終わらないとわからんので、漫画版とどう変わるのか楽しみじゃ。

予測すると朝顔と父が東日本大震災の海岸を歩いていく感じで空をみて「お母さんみてますか?」じゃろうか。

まとめ

今回はドラマ監察医朝顔と原作を比較ということで、あらすじや結末を比較したんじゃが

ドラマ版と漫画版の違いは

  • 主人公の苗字がドラマ版は万木(まき)だが漫画版は山田
  • ドラマでは新米法医学者だが漫画版ではベテラン法医学者
  • 父の名前がドラマ版は平(たいら)だが漫画版では万平
  • 母が亡くなった場所がドラマ版では東日本大震災だが漫画版は阪神大震災
  • 母がドラマ版では見つかってないが漫画版では見つかっていて病院で亡くなっている

で結末との比較はドラマが完結しないと比較ができないんじゃ。

最後まで読んでくれてありがとうなぁ。

 

 

スポンサーリンク

リンク広告

-エンターテインメント

Copyright© 17LIVE好きニートの下剋上 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.